治療用眼鏡を作ったとき

平成18年4月1日から、保険適用外であった小児の弱視、斜視及び先天白内障術後の屈折矯正の治療用として用いる眼鏡及びコンタクトレンズが療養費の支給の対象になりました。取り扱いは次のとおりです。

  1. 対象者は被扶養者である「9歳未満」の小児です。
  2. 『療養費支給申請書』に、次の書類を添付して下さい。
     (1)治療用眼鏡等を作成し、購入した際の領収証又は費用の額を証する書類
     (2)療養担当に当たる保険医の治療用眼鏡等の作成指示等
     (3)処方箋(眼鏡の屈折度が記載されたもの)
  3. 実際に支払った金額の7割(小学校入学前は8割)但し、上限があります。
  4. 治療用眼鏡等の更新については、支給対象者の年齢に応じ、装着期間が次の場合にのみ支給対象とします。
     (1)5歳未満・・・更新前の装着期間が1年以上
     (2)5歳以上・・・更新前の装着期間が2年以上
  5. 斜視の矯正等に用いるアイパッチ及びフルネル膜プリズムについては保険適用の対象外とします。